カテゴリ:観光スポット( 6 )

|

Bukit Timah Hillの本格トレッキング



ヘイズを少し感じますが、からっと晴れた日曜日

シンガポールじゅうのNature Reserveを巡る、
お散歩の休日 第XX弾(もう何度めかわかりません!)
本日はブキティマヒルを目指します






週末の昼間解放されている、頂上を目指すルートからスタート





e0350583_08435011.jpg




お友達が、「週末ランによく来ている」って教えてくれた、自然公園です
ランニング出来るくらいだからと、甘く見ていたわたしたち





e0350583_08435176.jpg




…うそでしょっ?!
このあと、延々と続く急勾配 まさかまさかのハードなトレッキングに…
旦那さんはビーサン、わたしはスカート😱
周りの皆さんはスポーツウェアで装備完璧です








もはや写真を撮る余裕もなく
気持ちがいいレベルを通り越した滝汗をなんとか抑えつつ
ふもとに戻りました






e0350583_08435325.jpg





その後発見した、まさしくランニング向け!な穏やかな別ルートの先に





e0350583_08435643.jpg



e0350583_08435548.jpg






こんなに美しい光景が広がっておりました






e0350583_08435421.jpg





水は透明な緑色で、魚や亀が優雅に泳いでいます
まるで桃源郷のよう






途中にはアスレチック遊具もたくさん
年甲斐もなくターザン遊びに興じるアラサー夫婦…
久々にはしゃいでしまいました






厳しいトレッキングなら前半のルート、のんびりお散歩やランならこちら、
本格マウンテンバイク用の山道もあり!
目的別で楽しめます






e0350583_08435881.jpg





道路脇には、猿も出現





e0350583_08435975.jpg





少し離れたところから写真を撮るくらいなら、襲ってきたりはしないので大丈夫

シティからも近く、アクセス便利な場所に
こんな大自然が広がっているのはとっても贅沢です







✳︎おまけ✳︎





暑さからの解放はやっぱりかき氷




e0350583_08411040.jpg





タイのかき氷「レッドルビー」
黒糖みたいなGula Melaka(パームシュガー)、ココナッツミルクがかかって
クワイを片栗粉でかためたレッドルビーが乗っかります
食感がおもしろく、すっきりした甘さでとっても爽やか
たくさんのお気に入りのスウィーツのなかの1つです

フードコートやホーカーでいただけます∧( 'Θ' )∧


[PR]

by m-kachang | 2015-09-08 09:19 | 観光スポット | Comments(0) |

西へ東へ


いつも週半ばになると次の日曜日が楽しみで
今週はドコに行こうかなと計画するのですが

この週末は、先週からすでに決めていた、
久しぶりのイーストコーストへ

わたしは東に住んでいるので、
ほんのすこし気合を入れて移動しないといけないのですが
(それでも電車でたった40分)
いつもとは違う景色や街並みが見たくって、たまに行きたくなるのです






東南アジアの雑多で濃い雰囲気を味わえる
ゲイラン地区からお散歩をスタート
そして早々に賑わうOld Airport RD FCへ




e0350583_06182065.jpg

e0350583_06181973.jpg



こちらはシンガポールのグルメ本といえば!のマカンストラにも
多数掲載のある名店揃い




e0350583_06181802.jpg



旦那さんは行列のローミーをチョイス



e0350583_06174034.jpg

e0350583_06174152.jpg




魚出汁のどろどろスープにチリと黒須、酸っぱ辛い麺料理
卵入りでSD4、小ぶりの丼で供されます
並んだ甲斐があったそう




e0350583_06174268.jpg


そんな様子を横目で見ながら、あまのじゃくなわたしは
並んでいない Kway Chap=モツ煮のストールに




e0350583_06174221.jpg



締めは仲良くチェンドル
暑いから、あっという間に溶ける〜




e0350583_06574062.jpg




可愛いカフェやベーカリーが並ぶTanjong Kattong RDを南下し
午後は、目的のイーストコーストパークへ






e0350583_06162239.jpg




海沿いの風は気持ちがいい〜





e0350583_06170365.jpg




大量に手羽先を焼くBBQ中のフィリピン人やインド人、
バックトゥザフューチャーに出てきそうな最先端の乗り物を走らせる子供たち、
ばっちりの装備でサイクリングする欧米人…





e0350583_06472151.jpg



家族や友だちと連れ立ってわいわい楽しそうなパーティーが至る所に

思い思い、それぞれの日曜日の過ごし方です







その後チャイナタウンに移動して



e0350583_06204078.jpg




寺院に面した、燃えさかる赤い屋号が目立った辛そうなお店で




e0350583_06203826.jpg



e0350583_06203962.jpg

e0350583_06203934.jpg




羊のクミン炒めに臭豆腐にフライドライス等々…
好きなものばかりたくさん食べて、いよいよフィニッシュ!

かと思いきや…





e0350583_06204202.jpg




危険な深夜のオヤツ こんなものにまで手を出し




気がつけば23時 Y隊員、1日お疲れさまでした
明日も6時起床 頑張ってね♡(鬼嫁?)


[PR]

by m-kachang | 2015-09-04 07:12 | 観光スポット | Comments(2) |

観光気分のお散歩とジャンクフードな休日




最近すこし涼しい日が続いています
ということは、(いつものことながら)お散歩日和

またまた、1日観光ツアーを敢行しました
はじめは、若者のまちブギスから!




e0350583_06380164.jpg



こちら、ナショナルライブラリーではSG50記念として
レゴで製作した、シンガポールの代表的な風景や歴史を展示中

レゴって、人の表情が天真爛漫な感じ
ブロックだけど、温かみがあって好きなんです





e0350583_06400983.jpg



特に気に入ったのはこちら
おなじみのバスもすべてレゴで作られています




e0350583_06394184.jpg



可愛いシンガくんも、もちろん居ました!




e0350583_06391786.jpg



入場はフリーで、あと2日ほど開催しているようです
詳細はこちら




e0350583_06400904.jpg




お次はガーデンバイザベイ
いままで有料ドームに行ったことがなかったので、
初めて「フラワードーム」に入ってみました
ホリデーシーズンだからか、観光客でいっぱい




e0350583_06423982.jpg
e0350583_06415500.jpg



南国の花、シンガポールといえば、の蘭が咲き誇っています



そして
ハウパーヴィラを彷彿させるシュールな人物のモニュメント…



e0350583_06405000.jpg




突然のひょうきん顔…センスがよくわかりません!




e0350583_06415591.jpg



意外と狭いので、もうひとつの「クラウドフォレスト」と併せて観ても
1時間程度ではないでしょうか
観光のハイライトとして短時間で楽しみたい方にいいかもしれません





e0350583_06415808.jpg


こちらは屋外の無料エリア
海沿いから、遠くのコンド群をぼんやり眺めて


おなかが空いて、気がつくと夕方
さて ぼちぼち帰りましょう






⚫︎おまけ⚫︎



先日ついに、フィリピンのソウルフード「Jollibee」に挑戦しました


e0350583_06452554.jpg



フライドチキンやバーガーを扱うファストフードなんですが、
本場フィリピンではマクドナルドよりも断然人気だそう

フィリピーナのメイドさんたちの休日である日曜日は
近づけないほどの混雑なので、われわれは土曜日に




e0350583_06452983.jpg



中身は、チキンとおにぎりライスのセットと



e0350583_06452717.jpg



チキンとスパゲッティのセット




e0350583_06452895.jpg



チキンにライス、が定番だそうです
付属のソースはジャンクなグレービーでした

かたやスパゲッティは、懐かしき給食のソフト麺そのまんま!という感じ
バナナケチャップを使用した甘めのソースがかかっています
これぞまさに、B級、いやC級グルメ かな?




シンガポールにはオーチャードのラッキープラザ1箇所だけの展開です
日本未上陸なので、物珍しさと話のねたを求める方はぜひ!
詳しくはコチラ


[PR]

by m-kachang | 2015-08-26 21:09 | 観光スポット | Comments(0) |

あたらしい遊び National Day 2015




ナショナルデーの週末、めずらしく4連休となった旦那さん
記念すべきシンガポール50年の節目は
やっぱりシンガポールで過ごさねばと、特にこれといった外出予定もなく




MRTやバスが無料だった当日、思いついたのが
「バス停に着いて、次に来たバスに30分乗ってどこかに行く」
乗り場は、ナショナルミュージアム前、たくさんのバスが行き交う大きなバス停です



e0350583_01012251.jpg



「チャンギだったらどうする?30分だから着かないかな」
「おうちの方面だったらホッとするけど盛り下がるよね」
なんて会話しながら到着したてのバスに乗り込み…

どきどきの行き先、きっちり30分後に辿り着いたのはここでした!



e0350583_01012358.jpg




Ang Mo Kio(の、端っこあたり)
ウエストに住んでいるわたしたちには縁のないエリア




e0350583_01012424.jpg




うわぁ、何もないよ〜 なんて適当な方向に歩き始めると、
大きな公園があって
ちょうど涼しく日差しも優しかったので1時間ほどお散歩を楽しみました





e0350583_01015150.jpg



なんとなく向かった先に街の気配を感じて、意外にすんなり駅前に到着
少し離れた場所にあるコーヒーショップが気になったので、ディナーを





e0350583_01013349.jpg





これがとっても美味しくって大満足
食べ物への直感、なかなかはずしません(自慢)




シンガポールは公共交通機関が発達しているから出来るあそび
どこに行ったとしても大抵簡単に戻ってこられるし
困ったらタクシーだって乗れちゃうのですが
やっぱりドキドキするし
地図もなく歩いて探検すると楽しい発見がたくさん





e0350583_01023099.jpg



50年記念のクリスピークリームのドーナツも食べたし
なんと10ドルもした…フラペチーノも飲んだし、焼肉もしたし
旦那さんはヨガにも初挑戦
ミュージアムはFreeで入場させてもらい、翌週に向けた買い出しも完了!
地味だけど充実したあっという間の4日間でした



e0350583_01073285.jpg



この国の50年先もまた、平和であることを願います





[PR]

by m-kachang | 2015-08-13 01:15 | 観光スポット | Comments(0) |

自然が身近に…ヘンダーソンウェーブ



やったー、今日もぴかぴかの晴れ

最近は雨が少ないような気がします。
そして、猛烈にあつい!
そんなシーズンかもしれません。
お散歩するなら、暑くなりすぎない午前中がおすすめ。

…ということで、早めにお出かけします!




今回の主目的はヘンダーソンウェーブという遊歩道。
この海沿いのエリアは、いくつかの公園が横に長く広がっています。
いきなり到着してもつまらないので、目的地の手前、
ホートパークの終点 アレキサンドラアーチ
という歩道橋のふもとからスタートです





e0350583_08350271.jpg



ヒルトップウォークに入り、ただ道なりに進みます




e0350583_08350131.jpg




足元を覗き込むと、かなりの高さ




e0350583_08350326.jpg



道は左右上下にクネクネと続いていますが、緩やかだから高齢者にも
気軽なお散歩スポットとして人気のよう
校外学習中の子供たちも、トレーニング中の欧米人も通り過ぎていきます




e0350583_08350455.jpg



この遊歩道の施工方法についてマニアックな検討を始める旦那さん
たしかに、できるだけ自然を壊さずに
長距離かつ高所に遊歩道を作るのって大変そうです



e0350583_08350582.jpg




日本的な竹があって各国の言語で落書きされていました




e0350583_08350563.jpg




30分程度で中間地点、ここから先が
今回の目的地、ヘンダーソンウェーブ




e0350583_08392904.jpg



さっきまでの森の中の雰囲気とは異なり
空への解放感溢れる大きい木造の陸橋




e0350583_08393162.jpg



ウェーブと名付けられているだけあって、
そそり立つアーチがまるで波のように美しい




e0350583_08393092.jpg



遠くには海とタンカーの光景が広がっています
こんなに平和で素敵な場所が身近にあるなんて、
本当に恵まれているなぁとしみじみ


ウェーブの終わり、そこから先がマウントフェーバーパーク
こちらはいつも歩いているので、本日はここをゴールといたしました



* * *



1時間強歩いたから、おなかが空いた〜!

vivo cityというショッピングセンターも近いですが、
私たちはバスでクラークキーまで
ランチはこちら、Annalakshmi




e0350583_08373314.jpg



なんとこちら、慈善事業の一環で運営されているのです

休日のランチはビュッフェですが、お値段は寄付という形なので設定なし
個人に委ねられています




e0350583_08372981.jpg



いかにもインドらしい空間に長テーブルがあり、お料理が並べられています
比較的種類は少なめですが、どれもこれも、すごく美味しいんです!




e0350583_08373242.jpg


e0350583_08373115.jpg




e0350583_08373075.jpg


通常サラサラあっさりなイメージの南インドカレーで、
ベジタリアン仕様なんですが
こちらのお店は比較的コッテリ・シッカリ味なので肉食男子の旦那さんも満足

よかった〜♡



e0350583_08350943.jpg



わたしの周りのインド系のお客さんに負けじと、もりもり盛り×3回往復
補充される新しいお料理に、気に入ったもののリピートと、
ついついあれもこれもと手が伸びて、食べ過ぎるんです




e0350583_08372843.jpg



満腹で満腹で、ヨロヨロ歩いて午前中の運動はまったく意味をなさずでしたが
帰り道も、おいしかったねと話が弾み、大満足



その後も夜まで遊んでまた食べて・活発に楽しんだ休日となりました

12時間以上遊び続けたにもかかわらず、体重計は過去最高を記録
やり過ぎたかなと多少反省…

今度の休みこそ、身体も胃腸も、しっかり休ませてあげないと、ね〜♬
(毎週同じこと言ってる気がします、はい)


▪️adress&info
Annalakshmi(アンナラクシュミ)
#01-04, Central Square
20, Havelock Road
Lunch 11:00〜3:00
Dinner 6:00〜10:00

[PR]

by m-kachang | 2015-07-18 09:12 | 観光スポット | Comments(0) |

未知との遭遇、The Deep展



わたくし、お恥ずかしながら博物館・美術館が苦手なのですが
(暗いし静かで、眠くなるから…)
この休日は、めずらしく自らリクエストして行きたかった「THE DEEP」展へ
マリーナベイサンズ ミュージアムで10月まで公開中です



e0350583_06320066.jpg



衝撃的な深海生物のお姿の数々を崇めてまいりました




e0350583_06331498.jpg



こんなのや




e0350583_06331574.jpg



こんなの




e0350583_06331663.jpg



何がどうしてこうなるのか…
目が退化しているので(?)、不気味さ倍増!




e0350583_06331685.jpg



しかしながら、
見ようによっては可愛く見えたり…




e0350583_06412921.jpg




きれいに発光する子たちも




e0350583_06422798.jpg





棲息する深さ別の展示なので、深い海に潜っていく感覚で進みます

ちょっとキモグロではありますが、夏休みのお出かけ先に、おすすめです!
同時開催のドリームワークスの展示も、おなじみのキャラクター満載で楽しそう♬



なお、シンガポール在住者はICの提示で割引があります




e0350583_06472421.jpg



さてさて!

マリーナベイサンズというと、
ローカルプライスとかけ離れたお高級なフードコートや大混雑の鼎泰豊など
チープランチ派の私としてはどこに行っていいのか、正直困るスポットなのですが、




本日はちょっと足をのばしてマリーナスクエアまでお散歩♬
有名ブロガーの方のおすすめで評判のよかったLams kitchen




e0350583_06315742.jpg




名物のソルトベイクドチキンのライスコンボ、スープ+ドリンク付き
ほろっと崩れる柔らかいチキンが人気です





e0350583_06545833.jpg


わたしはアバロンヌードル
カリッとしたラード片とむちむちのフィシュボールがアクセント!
串に刺さっているものがアバロン(鮑)ちゃんです

いずれも日本人好みの優しい味





こちらの店舗の隣にはおなじみウィーナムキーチキンライスもあります
フードコートの他にも、飲食店のメッカである「マリーナスクエア」
ミレニアウォーク、サンテックシティともほど近いのでショッピングにも事欠かない
充実エリアです^^






e0350583_08210574.jpg


そうそう
シンガポールといえば、kopi(ローカルコーヒー)やteh(ローカル紅茶)
が有名ですが、わたしのイチオシは食後のyuan yang!

kopi+teh+milk+sugarの衝撃のドッキングながら、
でも、なぜ日本にないのだろう?と思うほど、絶妙なバランスでおいしいのです!

ほとんどのコーヒーストールやチェーン店のトーストボックス等にはあるのでトライしやすいですし、それぞれ単体よりもすっきりするので、歩き疲れた際にはぜひ!




久しぶりに文化的活動をして、すこし賢くなった気がした休日でした♬

[PR]

by m-kachang | 2015-07-15 08:37 | 観光スポット | Comments(2) |