<   2015年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

|

自然が身近に…ヘンダーソンウェーブ



やったー、今日もぴかぴかの晴れ

最近は雨が少ないような気がします。
そして、猛烈にあつい!
そんなシーズンかもしれません。
お散歩するなら、暑くなりすぎない午前中がおすすめ。

…ということで、早めにお出かけします!




今回の主目的はヘンダーソンウェーブという遊歩道。
この海沿いのエリアは、いくつかの公園が横に長く広がっています。
いきなり到着してもつまらないので、目的地の手前、
ホートパークの終点 アレキサンドラアーチ
という歩道橋のふもとからスタートです





e0350583_08350271.jpg



ヒルトップウォークに入り、ただ道なりに進みます




e0350583_08350131.jpg




足元を覗き込むと、かなりの高さ




e0350583_08350326.jpg



道は左右上下にクネクネと続いていますが、緩やかだから高齢者にも
気軽なお散歩スポットとして人気のよう
校外学習中の子供たちも、トレーニング中の欧米人も通り過ぎていきます




e0350583_08350455.jpg



この遊歩道の施工方法についてマニアックな検討を始める旦那さん
たしかに、できるだけ自然を壊さずに
長距離かつ高所に遊歩道を作るのって大変そうです



e0350583_08350582.jpg




日本的な竹があって各国の言語で落書きされていました




e0350583_08350563.jpg




30分程度で中間地点、ここから先が
今回の目的地、ヘンダーソンウェーブ




e0350583_08392904.jpg



さっきまでの森の中の雰囲気とは異なり
空への解放感溢れる大きい木造の陸橋




e0350583_08393162.jpg



ウェーブと名付けられているだけあって、
そそり立つアーチがまるで波のように美しい




e0350583_08393092.jpg



遠くには海とタンカーの光景が広がっています
こんなに平和で素敵な場所が身近にあるなんて、
本当に恵まれているなぁとしみじみ


ウェーブの終わり、そこから先がマウントフェーバーパーク
こちらはいつも歩いているので、本日はここをゴールといたしました



* * *



1時間強歩いたから、おなかが空いた〜!

vivo cityというショッピングセンターも近いですが、
私たちはバスでクラークキーまで
ランチはこちら、Annalakshmi




e0350583_08373314.jpg



なんとこちら、慈善事業の一環で運営されているのです

休日のランチはビュッフェですが、お値段は寄付という形なので設定なし
個人に委ねられています




e0350583_08372981.jpg



いかにもインドらしい空間に長テーブルがあり、お料理が並べられています
比較的種類は少なめですが、どれもこれも、すごく美味しいんです!




e0350583_08373242.jpg


e0350583_08373115.jpg




e0350583_08373075.jpg


通常サラサラあっさりなイメージの南インドカレーで、
ベジタリアン仕様なんですが
こちらのお店は比較的コッテリ・シッカリ味なので肉食男子の旦那さんも満足

よかった〜♡



e0350583_08350943.jpg



わたしの周りのインド系のお客さんに負けじと、もりもり盛り×3回往復
補充される新しいお料理に、気に入ったもののリピートと、
ついついあれもこれもと手が伸びて、食べ過ぎるんです




e0350583_08372843.jpg



満腹で満腹で、ヨロヨロ歩いて午前中の運動はまったく意味をなさずでしたが
帰り道も、おいしかったねと話が弾み、大満足



その後も夜まで遊んでまた食べて・活発に楽しんだ休日となりました

12時間以上遊び続けたにもかかわらず、体重計は過去最高を記録
やり過ぎたかなと多少反省…

今度の休みこそ、身体も胃腸も、しっかり休ませてあげないと、ね〜♬
(毎週同じこと言ってる気がします、はい)


▪️adress&info
Annalakshmi(アンナラクシュミ)
#01-04, Central Square
20, Havelock Road
Lunch 11:00〜3:00
Dinner 6:00〜10:00

[PR]

by m-kachang | 2015-07-18 09:12 | 観光スポット | Comments(0) |

未知との遭遇、The Deep展



わたくし、お恥ずかしながら博物館・美術館が苦手なのですが
(暗いし静かで、眠くなるから…)
この休日は、めずらしく自らリクエストして行きたかった「THE DEEP」展へ
マリーナベイサンズ ミュージアムで10月まで公開中です



e0350583_06320066.jpg



衝撃的な深海生物のお姿の数々を崇めてまいりました




e0350583_06331498.jpg



こんなのや




e0350583_06331574.jpg



こんなの




e0350583_06331663.jpg



何がどうしてこうなるのか…
目が退化しているので(?)、不気味さ倍増!




e0350583_06331685.jpg



しかしながら、
見ようによっては可愛く見えたり…




e0350583_06412921.jpg




きれいに発光する子たちも




e0350583_06422798.jpg





棲息する深さ別の展示なので、深い海に潜っていく感覚で進みます

ちょっとキモグロではありますが、夏休みのお出かけ先に、おすすめです!
同時開催のドリームワークスの展示も、おなじみのキャラクター満載で楽しそう♬



なお、シンガポール在住者はICの提示で割引があります




e0350583_06472421.jpg



さてさて!

マリーナベイサンズというと、
ローカルプライスとかけ離れたお高級なフードコートや大混雑の鼎泰豊など
チープランチ派の私としてはどこに行っていいのか、正直困るスポットなのですが、




本日はちょっと足をのばしてマリーナスクエアまでお散歩♬
有名ブロガーの方のおすすめで評判のよかったLams kitchen




e0350583_06315742.jpg




名物のソルトベイクドチキンのライスコンボ、スープ+ドリンク付き
ほろっと崩れる柔らかいチキンが人気です





e0350583_06545833.jpg


わたしはアバロンヌードル
カリッとしたラード片とむちむちのフィシュボールがアクセント!
串に刺さっているものがアバロン(鮑)ちゃんです

いずれも日本人好みの優しい味





こちらの店舗の隣にはおなじみウィーナムキーチキンライスもあります
フードコートの他にも、飲食店のメッカである「マリーナスクエア」
ミレニアウォーク、サンテックシティともほど近いのでショッピングにも事欠かない
充実エリアです^^






e0350583_08210574.jpg


そうそう
シンガポールといえば、kopi(ローカルコーヒー)やteh(ローカル紅茶)
が有名ですが、わたしのイチオシは食後のyuan yang!

kopi+teh+milk+sugarの衝撃のドッキングながら、
でも、なぜ日本にないのだろう?と思うほど、絶妙なバランスでおいしいのです!

ほとんどのコーヒーストールやチェーン店のトーストボックス等にはあるのでトライしやすいですし、それぞれ単体よりもすっきりするので、歩き疲れた際にはぜひ!




久しぶりに文化的活動をして、すこし賢くなった気がした休日でした♬

[PR]

by m-kachang | 2015-07-15 08:37 | 観光スポット | Comments(2) |

お気に入りの場所が世界遺産登録に




今月はじめ、とっても嬉しいニュースが飛び込んできました
お気に入りの場所、ボタニックガーデンがユネスコ世界遺産登録されたのです




おめでとう



e0350583_08163113.jpg



広大な敷地は整備されて隅々までキレイ
南国の花や木々が豊かで、
都会にありながら身近に自然を感じることができる貴重な場所



e0350583_08163028.jpg



e0350583_08163376.jpg




日本では見られない大きな木
鮮やかなマゼンダ色の花




e0350583_08163295.jpg



ただ、他に見所いっぱいのシンガポールにおいて地味なイメージ?なのかな
あまり観光の日本人を見かけません
素敵な場所なので、世界遺産登録をきっかけに、観光ルートに入るといいなあ





わたしのおすすめは、ぐるっと一周まわるよりも、
北のブキティマゲートから、反対側のタングリンゲートに抜けて、
帰りにオーチャードでショッピング…
もしくはその逆で、ブキティマでランチorディナーを楽しむルート





ブキティマゲートから、いちばん近いホーカーはこちら↓
周辺におしゃれなお店はたくさんあるのですが、
B級グルメはやっぱりホーカーにあり、です




e0350583_08170445.jpg


adam food centre
夜はオープンエアでさながらビアガーデン風
昼間も風が抜けて日差しが降り注いで気持ちよい空間です



e0350583_08170579.jpg


ストール(ホーカー内の個店)はマレー系が多い印象

ビールのためにあるような、マトンチョップをはじめ
マトンビリヤニ、フライドオイスターなど、こってり系をオーダー



e0350583_08162895.jpg



エビ出汁香るプロウンミーもさっぱりおいしい
本日も、絶賛行列中です




e0350583_08162830.jpg



アダムフードセンターといえば、のナシレマの有名店もまた、行列が絶えません



ナシレマとはココナッツで炊いたごはん+チリ&イカンビリス(小魚)+おかず
をチョイスするマレーの定番、軽めのランチや朝食にgood
見た目は粗食ぽいですが、ライスの甘い香りに自家製チリの組み合わせ
不思議にはまるおいしさなのです♬





e0350583_08414225.jpg
※こちらの画像はお借りしました



テイクアウトしてガーデン内でピクニックしても楽しいかも??
お散歩の前後に、ぜひ立ち寄ってみてください




▪️adress
Adam food centre
2 Adam Rd, Singapore 289876

[PR]

by m-kachang | 2015-07-10 21:12 | B級グルメ | Comments(0) |

ついにスタート、B級グルメ トラベラーへの道…

ついこのあいだまで、シンガポールといえば、マーライオンと高層ビル、整備された都市…というイメージしか持っていませんでした。
学生の時、友だちとの卒業旅行もパスしちゃったくらいで、なんだかツマラナソウ、って思っていました。

旦那さんの仕事にくっついてこちらに来て約1年。あれっ、あれれ??そこからは、日々、驚きの連続でした。

中国、インド、マレー等々が入り乱れ、まるで小さなテーマパークのようなこの国は、南国の開放感、人々の陽気さ、緩さと適当さが
最高に気持ちいい!
ちょっと都会を離れれば、リス、巨大なトカゲ、猿も、物怖じせず至近距離まで寄ってくる。
無愛想なホーカーのアンティーだって、お高級な接遇サービスのなんちゃらをよく知らないだけ。
仕事には一生懸命で、実はとっても親切だったり、何度も通うと、意外と人懐っこい部分が垣間見えたり。

そう、そして何といっても面白い食べ物が充実していることが、私にとっての最大の魅力!
見た目に馴染みがないものや想像できないものにこそ驚きが隠れているはず。

まだ、出会っていないたくさんのものを求めて、奥深いシンガポールの魅力を、B食の記録を中心に、お伝えしていきたいと思います。

* * * * * * * * * 
それでは最後に、最近のお気に入りグルメスポット『Holland Village XO Fish Head Bee Hoon』をご紹介。
記念すべきブログの初回を飾るには、少々見た目のインパクトが強いお料理ですが…
これぞローカルグルメの醍醐味だと思って、ぜひトライしてほしいおすすめです。

e0350583_14472662.jpeg
e0350583_14473088.jpeg

『Holland Village XO Fish Head Bee Hoon』XO魚頭米粉(2人前SD12)。
たっぷりの魚のアラ、白菜と生姜、ビーフンがミルキーなスープに入ったシンプルなお料理。洗面器サイズ、これで2人前です。1人前から用意があります。見た目は地味だけど、魚から出るダシの優しい味わいにじんわり…とってもおいしい!豪快に手でいっちゃいましょー!

e0350583_14473292.jpeg

お店いちおしのサンバルポテトリーフ(小サイズ SD8)はピリ辛ですが濃すぎないので箸休めにぴったり。小サイズでもすごい量ですが、難なく完食。ポテトリーフって日本ではあまり聞かないけれど、シンガポールではスーパーなどで簡単に手に入る、クセのないほうれん草のような柔らかい葉っぱです。

e0350583_14473573.jpeg

そして、プロウンペーストチキン(小サイズ SD8)もサクサクで絶品でした。ビール党にはマストオーダー、魅惑のア・ゲ・モ・ノ。衣に海老のペーストが使われているはずなのですが、いまいちわからず。でも、おいしいからヨシっ。奪い合うように食べました。
日本の居酒屋にあったら流行りそうだなぁ。

e0350583_14473861.jpeg

こちら、MRTの線路沿い、にぎやかで目立つコーヒーショップ(=喫茶店というわけではなく、屋外型のセミセルフサービス形式の飲食店集合体の
呼称)なので、ちょっとローカルな場所ですが、わかりやすいと思います。

テーブルを確保したらとても親切なアンティに、オーダーを。メニューブックは用意されていないので、店頭の掲示写真を見るか、おすすめを聞いちゃうのも手です。そして、やっぱり地元の人はおいしいお店をよく知っていて、19時をまわると満席の可能性大なので、早め訪問が吉!
ちょっとおしゃれな飲み屋の連なるエリア、ホーランドヴィレッジもほど近いので、元気があれば締めの1杯をひっかけにお散歩しても楽しいかも。
ここは我が家のローテーション入り決定です。他にもいろいろ試してみたいな。

『Holland Village XO Fish Head Bee Hoon』
住所:19A Dover Crescent, #01-05,Jumbo Coffee Hub 内
アクセス:MRT EW線 BuonaVista駅から徒歩約10分


[PR]

by m-kachang | 2015-07-02 14:56 | お知らせ | Comments(0) |